蝉時雨_copy

試聴する ♫

episode-11 蝉時雨

羽化した翅のように 真夏の夜の隅で

白い素肌をさらす 生まれたての物語に… 寄せる想い



夏祭りの約束 少し遅れた私

どこかで教会の鐘が鳴ってた 蝉時雨の中


幸せすぎることが少し怖いと笑う

あなた以上に怯えてる私は お道化てみせる


夏は嫌いさ だって あなただって

ぬくもりを感じたくない?

抱きあって わけあって

ひとつになるから 生きていけるの

夜空に花火は消えて 静けさばかりが覆う

浴衣の柄を褒めるのは ちょっと遅すぎるかもね?


曲がり角まで来たら 「明日またね」と笑う

あなたの声をもっと聴いていたいから お道化てみせる


夏は嫌いさ だって あなただって

ぬくもりを感じたくない?

触れあって あたためあって

ひとつになるから 生きていけるの



ありがとうと呟いて 瞳を閉じて

あなたを感じているのよ

唇が重なりあって

永遠の海が ふたり包むの



作詞・作曲・編曲:Chihiro

リリース:2019年3月

AS THE UNIVERSE vol.3 の他の収録曲もみる

Lailah(ライラ)のテーマ

episode-09
“役割が存在を支える

ひらひら

episode-10
不完全さがつながりを生む

蝉時雨

episode-11
今あるものに気づくこと。
そこに感謝の気持ちがある

おもい、そら。

episode-12
細部の細部まで
イメージを積み上げる

AS THE UNIVERSE